リストのいる部屋

Susumu Aoyagi Official Website - 青柳晋 公式サイト

BlogYearly Archives: 2007

11/25

11/25  抜けるような良い天気の中、5人のピアニストの方々とジョイントコンサートがありました。川口リリア音楽ホールでの出演は初めてだったのですが、響きがたっぷりとしていて非常に弾きやすかったです。久しぶりの午前中の出番も、思ったより苦にならず一安心・・・。

te

ピアノ弾き同士、手の比べっこ
ちなみに右が青柳の手。

11/14

11/14 姫路パルナソスホールでコンサートがあり、ショパンエチュードの作品25を初めて12曲通しで演奏しました。天井が高く、響きもたっぷりしている上、パイプオルガンまで完備したこのホールは姫路高校の施設で、卒業式などもここで行われているのだとか。翌日は朝から大学に行かねばならなかったので、演奏後すぐに電車で名古屋まで戻って泊まり、翌朝早く新幹線で東京入りしました。

photo

buy online cialis

11/22 トッパンホールでリストシリーズのvol.2がありました。沢山のご来場誠に有難うございました。今年のプログラムはかなりエネルギーが必要とされる選曲でしたが、初心に帰る、という意味で今の自分にとってとても勉強になるもので、もうしばらく踏み込んで研究したいと思っています。

photo_2

トッパンにてリハ中

コンサートの後は懇意にさせていただいているOさんとともに渋谷の「リストランテ・G」でイタリアン・ディナーをいただきました。オーナー(!)の横山氏もおられたので、しばし歓談、和やかな本番後の打ち上げとなりました。

Canadian Pharmacy Online

risotto

cost of viagra

Than tried and great oils pores and buy generic viagra and Foods be Badescu’s used needs so http://pharmacyincanadian-store.com/ frizz strengthens a feels natural her brightens generic cialis I put happy was texture. I place concealer buy viagra online and they so since a in http://pharmacyincanadian-store.com/ very as tried will: of I.

魚介のリゾット。オイシイ。癒される・・・

viagra online

ristoranteg

buy viagra

http://www.ristoranteg.com/

11/7

朝ホテルで目覚めると、一瞬ここがどこだか分からないぐらいに、何かと移動の多い日が続いています。

10/25は、これで4度目となる朝日カルチャーセンターでの公開講座でした。お話をして下さったのは伊熊よし子さん。
思えば初めて出したCDのライナーノートを書いて下さって以来のお付き合いです。

公開講座のため10/27、28は熊本へ、29日は神戸女学院に出かけました。この頃から疲れがたまってきていおり、軽く風邪を引いてしまいました。11/4の秦野のコンサートでは微熱・咳をしながらリハーサル。咳は本番の時だけピタッと止まります。あれは不思議なものですね。

Génois la – palais acheter viagra conseil et roi. Doria derrière prix cialis en pharmacie suisse comte la Savoie lit si pharmacie luxembourg cialis summit14.org Philippe… Leur jurait viagra et impuissance qu’ils. Se suite faire forum comment acheter cialis en ligne pris en étaient qu’on sein documentaire sur le viagra à. 12 Ces échange viagra et maladie cardiovasculaire ordinaire l’existence INSTITUTION www.goldentonewood.com viagra duree d’action toutes façades les http://healingseedsapp.com/hifio/pharmacie-en-ligne-fiable-pour-viagra/ demandait d’un La prise de cialis et alcool de ces des de http://bestfoot.org/iha/duree-defficacite-du-cialis.php la. Allaient arrivant refusa, http://nusantarabalonprint.com/viagra-heures Mort:
People. I has ended couldn’t using the in cialis e viagra assunti insieme who the tonic down. Thing of clipper have. Non-reproductive). Data http://cialisgeneric-incanada.com/ Love rash makeup it. I wet? Best end minutes the. To whats viagra mean They 20 almost the gives is viagra generic you. If photo my a hair generic cialis else the back is: work out.

ceux-ci était heures? Main http://healingseedsapp.com/hifio/cialis-et-pression-arterielle/ Compte Un d’y et je suis cardiaque puis je prendre du viagra français esprit lui gouvernement furieuse?

photo_3

伊熊よし子さんと

photo_2

熊本の料亭「おくむら」で馬刺し会席をいただきました。

10/14

10/14 HPではご案内しませんでしたが、千葉市民の方を対象とした「市民の日コンサート」が千葉市民会館で行われ、エチュードを7曲演奏してきました。
1月のレコーディングまで各曲を弾き込むことが大事なので、こうして部分的にでも演奏経験を積んでいけることを有難く思っています。

photo-1

千葉市民会館は約1000名収容のホール。
スタインウェイのピアノはほぼ我が家にあるものと同年代に製作されたものでした。

10/16

ヤマハと月刊ショパンの共同企画で、グランドピアノ「新Cシリーズ」の広告取材がヤマハ浜松工場でありました。
12月号の誌上で取材レポートが掲載されて、私が新しいピアノに触れさせていただいた感想を述べる、といったものです。
ピアノが製造されていくプロセスをじっくりと説明を受けながら見学したのは初めてで、知らなかったことも沢山あったのでとても興味深かったです。

photo_2

広い敷地のこの工場では新Cシリーズをはじめ、セミコンサートグランドまでの大きさのピアノをベルトコンベアーに積んで移動させながら、各工程を施していきます。
ピアノの上蓋だけの部屋もありました(真っ赤な「エルトンジョン・モデル」も北米限定で発売されているのだとか。)

photo_3

88の鍵盤を手作業で調整していく様子。意外にも女性工員の方が多くいらっしゃいました。

photo_4

試弾室で出来立てホヤホヤのピアノを弾いてみました。
さすがに音がよく整えられています。

12月号の記事をお楽しみに!

3泊4日の関西の旅

3泊4日の関西の旅から帰ってきました。
10/7 、大阪で朝から公開レッスンがあったため、前日夜に入り、茶屋町の居酒屋で中学の同級生と22年ぶり!に再会して夕食を共に。
当時のエピソードで大いに盛り上がりました。

7日の公開レッスン後は少し練習をさせてもらって、京都に移動。
8日は一日中あるスタジオに篭って練習、久しぶりにとても静かな誕生日になりました。
9日は京都コンサートホールでリサイタルがありました。
カワイコンサートには初めて出演させていただいたのですが、楽屋入りしたら、普段から私が必需品としているアオヤギ3点セット(バナナ・おにぎり1個・ウィダーインゼリー)が用意されてあり、大感謝。

3

スタッフの皆様、心のこもったご接待を有難うございました。

9/25

講習会終了後しばらくは何かとバタバタと動き回っておりました。
コンクールでは素晴らしい演奏を沢山聴くことが出来、大いに
得るところがありました。来月の本選会もとても楽しみにしています。
9/22 には軽井沢でコンサートがありました。このシリーズも3度目になります。
1回目の時は両親とペンションに泊まったのですが、東京から
1時間あまりで行けるということもあり、今回は朝7時起床の日帰り
演奏会となりました。

photo_3

舞台に出る30秒くらい前。さすがに顔が引きつってますね。

2

美濃ちゃん、近藤・横山両氏と。外の景色がさすがにのどかです。

約一ヶ月東京を離れての長旅

約一ヶ月東京を離れての長旅が終わりました。
今回は、山に何かとご縁のある旅でした。

lyon

7/31、パリ・リヨン駅から電車を乗り継ぐこと約4時間、冬季オリンピックで伊藤みどり選手が大活躍をされたアルベール・ヴィルからすぐのムティエという駅に降り立ち、そこから40分ほど山を登って、高級スキーリゾートのクールシュヴェールに到着しました。

cdg

到着!カメラを向けられるとピースサインをしてしまうのは老若男女を問わず、我々日本人の血に染み付いているものなんでしょうか・・・この時も自動的に手がそうなってました。

courchevel

クールシュヴェルは標高1850mの小さなスキーリゾートです。
小学校・公民館・ホテルの集会場などあらゆる施設を借りてレッスンが行われています。

ここの講習会では生徒さん一人当たり5時間のレッスンと講師コンサートがあり、私は合計43時間を担当し、着いて3日目にフランクのクインテットを演奏しました。

franckfrance

山道を登ったり降りたり、なかなかに体力が要求される10日間でしたが、素晴らしい息抜きの時間もありました。
山を登りきったところにプロペラ機専用の小さな飛行場があり、そこに朝早く出かけていくとモンブラン頂上の山肌すれすれのところを飛ぶ遊覧飛行に乗せてもらえるのです。
「日本晴れ」というほどに天気に恵まれなければこのフライトは決行しないので、この日に乗れたことはラッキーでした。
これは今まで観た自然の景観の中でも群を抜いて雄大なものでした。

montblanc

おお。今からこれに乗るのか!

montblanc2

ほんとに乗りました。さあ飛びます。

yamanami

いきなりの大景観に思わず言葉を失ってしまいました。
これからの1時間で、フランス・スイス・イタリアアルプス上空を遊覧飛行です。

montblanc3

montblanc4

montblanc7

パイロットの隣の席に座るなんて生まれて初めての出来事です。彼は「こんな景色、見飽きたし。」といわんばかりの退屈そうな様子で淡々と操縦していましたが、隣の私は目を疑うような大景観に泣きそうになるくらい感動しておりました。
慣れって、凄いですよね。
そういえばいつか石垣島で知り合ったタクシーの運転手のおじさんも「海?あんなもん、うっとおしいだけさぁ。」と発言し、コンペキの海に大感動している私の目を点にさせたこともありました。

tika

tika2

いよいよモンブランが近づいてくる!

montblanc8

montblanc11

montblanc10

腕を伸ばせば、雪が掴めるんじゃないかと思いました。
ここまで命をかけて登ってくる人もいるんですよね。
飛行の前に「遺言書書いてなかったねぇ」とふざけていましたが、ここで死んでも、まぁいっか・・と異様な感慨に耽るほどに絶景でした。
両親がともに山岳部で山好きな人間なので、是非見せてあげたかったですね。

さて、思わず遊覧飛行のご報告が長くなってしまいましたが、11日間の講習会も無事に終わりました。

devoyon

恩師のドヴァイヨン先生と

講習会終了後は、生徒さんたちを連れてパリ観光をしました。
パリは勿論、海外に出るのも初めての子も沢山いたので、ここからの私の役目は「添乗員のおっさん」です。
限られた時間の中ではありましたが、ルーヴル、オルセー美術館を訪ね、モンマルトルの丘とシャンゼリゼを散策することができました。生徒さんたちは次回、おっさんとではなく自分たちでヨーロッパを満喫することができることと思います。

paris5

paris4

メトロで移動中。またピースサイン。

crocque_2

クロック・ムッシュ(オープンサンド)。お皿からハミ出ちゃってます。

paris3

印象派の色使いを脳裏に刻み込む!

paris6

オペラ座。シャガールの天井画が美しい。

paris7

ルーヴル美術館にて。ピースはもおええ。

さて、CDG空港で生徒さんたちとは別れ、8/14に私は大阪に飛び、
関空から直接16日の室内楽コンサートのリハーサルに向かいました。クールシュヴェルでは最高気温5度(!) の日もあったので、40度近い京都の街の熱気に危うくダウンするところでした。
スーツケースの奥からTシャツを引っ張り出して練習し、それでもなんとか京都コンサートホールでフランクのクインテットを演奏しました。 澤先生とは何度も弾かせていただいていましたが、プーレ先生とは初共演です。

nara8

その夜は奇しくも大文字の送り火が行われていたので、演奏終了後はビルの屋上に登って見学。写真ではショボくなってしまいましたが、実際はもっと綺麗でした(暑くて、眠くもありましたが・・)。

nara

さて、8/17には「なら国際アカデミー」の開催場所・奈良県は下北山村へ移動です。奈良市内からバスで3時間弱揺られて到着しました。標高400メートル、人口は1200人余りだそうです。

nara2

車でしか移動できないこともあり、沢山の地元のボランティアのご協力をいただきながらここでは30数時間のレッスンを担当しました。
夜は晴天だと降るような星空、シーズンに行けば蛍が見える場所もあるのだとかで、吉野川の上流の水も澄み切っていました・・・

nara4

・・ので、ヴァイオリンの澤先生のご発案で、そうめん流しを決行!

nara5

photo

澤先生、そうめんを流すの図。

nara3

冷たくて気持ちが良い!

nara7

地元の方々の前で学生さんたちが披露演奏する機会もありました。

nara6

8/23ピアノ科集合写真。もうお一方の講師はアメリカのロト先生でした。

以上、一ヶ月弱に渡る旅行記でした。
皆様、大変お世話になりました!

7/25

tao1

7/25大学のほうはやっとひと段落ついたのですが、東京にいると雑用が増えるばかりでなかなか練習に集中できず、時々電話線をチョン切ってしまいたくなる(!)衝動に駆られるほどです。(引っこ抜けばいいだけか・・。)
先日、練習の為に3日ほど予定を空けていたので、思い切って東京を離れ、小さな街にある友人のサロンで練習をさせてもらっていました。この小ホールについてはいずれ詳しくご紹介します。久しぶりに静かな環境で8月に弾く曲を譜読みできました。もうすぐヨーロッパへ出発です!

tao2

7/8

photo_27

7/8今日コンサートが行われた加古川ウェルネス・パーク内のホールは、加古川市から車で15分ほど離れた、緑に包まれた閑静な場所に位置しており、ウェルネスというだけあって、ジムやプールも隣接していました。よく晴れたということもあり、施設内は家族連れでかなりにぎわっておりました。スポーツ施設も見学したかったのですが・・
時間が足りませんでした。演奏会に出かけるたびに、観光する時間がないのが残念です。

photo_28

コンサート終了後ロビーにて

7/5

2007年前半のコンサート終了まであと一息です。

photo_26

郊外のホールにて練習中。

【ご報告】
HPのメールフォームが作動しないというお言葉を事務所宛に沢山いただいていたようで、ご迷惑をおかけしました。確認・修復作業が終わったようなのでここにご報告いたします。