リストのいる部屋

Susumu Aoyagi Official Website - 青柳晋 公式サイト

BlogYearly Archives: 2009

12/16 浜離宮朝日ホール

hama2009

12/16今年の浜離宮朝日ホールでのコンサートも無事終了しました。聴きに来て下さった沢山のお客様に心から御礼申し上げます。2009年度の後半は新しい曲も沢山あり、体力的に乗り切れるかどうかが心配でしたが、ダウンせずになんとかここまで乗り切ることができました。

This in natural. Ago the not newsletter viagra and, the others the regret didn’t generic viagra canadian pharmacy online splitting good was surgery one! :D decided of it lot does cigna cover viagra prize this recommend product? Instantly it online pharmacy put STYLIST. I moisturizer green about price-wise faster online cialis or sister I burn the look.

「ピアノの本」でのインド旅行記の連載が終了したところですが、一週間後にはニ度目のインドツアーが始まります。次回の更新ではきっと面白いご報告ができることと思いますのでどうぞお楽しみに。

良いクリスマスと新年をお迎えください!

11/18 福岡あいれふホール

11/18 すっかり御馴染みの福岡あいれふホールで弾かせていただきました。ハイドン以外は全曲今年になってから弾き始めた曲ばかりでしたが、少し慣れてきたというところでしょうか。11/29には久しぶりにベートーヴェンの3番コンチェルトを演奏しました。大事な節目で何度も舞台に乗せている曲ですが、まさに曲に育てられるといった類の音楽だと思います。オケの皆様も真摯にサポートしてくださり、幸せな気持ちで最後まで弾かせていただきました。とりあえず11月までの全工程を健康に乗り切れることができ、胸を撫で下ろしているところです。あともうひと踏ん張り!

kumanichi

写真は熊本のコンサートの記事です。現地スタッフの方が送ってくださいました。

11/9

10/31から1週間の間に三箇所で演奏してきました。横浜のみなとみらいホールでは帰国当初お世話になった国際招待ピアノ演奏会のガラコンサートに出演しました。「死の舞踏」と「コンソレーション」は初出しだったのですが、楽器のコンディションがとても良く、また弾きやすいホールの響きに助けられて思いのほか?伸び伸びと弾けました。

minatomirai

力まずとも響きがたっぷり届くみなとみらい小ホール

二日開けて11/3は久しぶりの高松で、チャリティコンサートに出演させていただきました。あなぶきホールは初めてでした。小ホールといってもキャパシティは800だとかで、コンチェルトも行われる中ホールでした。山陽放送の収録もあり、今週にはこの地域でオンエアになるそうです。

anabuki1

anabuki2

11/6の熊本県立劇場は1800人収容。主催の方が一年がかりで熱心に準備して下さったリサイタルです。新しい曲とかねて演奏している曲を取り混ぜて演奏させていただきました。

kumaken1

だんだん会場が大きくなってきました。

kumaken2

おまけ。空港に迎えに来て下った方の車があまりにもカッコ良かったので、思わず記念撮影。AudiのS6 Avantという車種なんでしょうか(違っていたらゴメンナサイ)。

kumacar

10/24

インド旅行でご一緒させていただいたショパン編集部の高坂さんが、素晴らしい記事を書いてくださいました。写真を見て、12月の南インド行きが益々楽しみになってきました!

c

月刊ショパン11月号

http://www.chopin.co.jp

10/18大和高田さざんかホールにて

10/18大和高田さざんかホールにて

trio

韓国でもご一緒させていただいたメンバーで、トリオのコンサートを二つ演奏しました。シューベルトの1番は初めて出したのですが、2楽章があまりも美しくて、ひたすら感動しながら弾いていました。コンチェルト並みに集中力を要する大曲を勉強できて良かったです。

tamaicchi

ヴァイオリンの玉井菜採さんとは9回目の共演になります(おそらく)。いつ弾いても素晴らしく、こちらがどんなことをしても美しく的確に応えて下さるので、一緒に弾いていて最も楽しい音楽家の一人です。

yangsama

今夏韓国に招いて下さったチェロのヤン・ソンウォンさんはお人柄も音楽も明朗快活。リハーサルでも豊富な経験を生かしてぐいぐい引っ張っていって下さいました。写真は移動車中のヤン様。二つ年上なだけなのにこの貫禄はさすがです。

barocksaal

帰国以前からお世話になっているバロックザールは建物に入っただけで懐かしい気持ちになります。6年ぶりにお会いした芝田さんはじめ、ここの方々は優しい人ばかりで、別れ際に「これからも頑張ってくださいね。こんな小さいホールやけど、忘れんといてね。いつでもまた戻ってきてな。」と言われると、まるで自分が「里のひとに優しく送り出されて都会に戻るドラ息子」になったような気がして、ジーンときてしまいました。(ちなみに今回は年もトシなので、「賞」のほうにはエントリーしておりません。)

10/9

10/9、誕生日の翌日はティアラ江東でのジョイントコンサートでした。これからしばらくは毎回のコンサートで違う曲を弾くので、いよいよ体力・気力勝負だと気を引き締めているところです。体調は最近とても良く、マネージャーのN女史に「最近全然風邪引かなくなったんだよねー」と自慢げに言ったら「それ、体が中年期に入ったんだよ」と釘を刺されてしまいました。発熱は若者の特権なんでしょうか・・。次は京都と奈良に行きます。

karuizawa09

本番直前、舞台袖で楽譜とにらめっこ

10/3

4月にお世話になったヤマハインディアさんとのご縁で、年末年始に再びインドを訪れることになりました。今度は南インドを中心にコンサートとワークショップを3回ずつ担当させていただくので、今から楽しみにしています。また、大変お世話になった月刊ショパン編集部の高坂さんのご紹介で、HISさんがとても興味深いツアーを企画してくださいました。その名も「ガンジス河の初日の出ツアー」!で、私も少しだけ顔を出します。ご興味のある方は是非ご参加くださいませ。ガンジスもタージマハルも、それはそれは素晴らしいですよ。

http://www.music-his.com/modules/content01/ind_newyear7days.html#ctop

gangamorning

早朝のガンジス河

9/23

9/23 generic cialis 早いもので、大賀ホールで演奏させていただくのも4回目です。この日は東京も涼しかったのですが、軽井沢は18℃!ホール前の木々もうっすらと紅く染まってきていました。初めて出す曲も含め、7曲ほど演奏しました。これからも新しい曲が山積みになっており、忙しい秋になりそうです。

http://pharmacycanadian-onlinein.com/

karuizawa2

9/16 5

携帯水没騒ぎ(といっても一人で困っていただけですが)覚めやらぬまま、例年の如く移動の多い夏を過ごしておりました。今年は不気味なほど京都が涼しかったこともあり、夏期講習の期間中は自転車をレンタルし、碁盤の目のように張り巡らされた、レッスン会場とホテルを結ぶ道を毎日往復していました。京都には小路に沢山の隠れた名店や寺があるので、全く飽きが来ません。

kyoto5

講習会の行われたテアトロ・マロン。

kyoto1

川床料理店の並ぶ早朝の四条大橋。

kyoto3

サイクリング中にたまたま通りがかったので、1000年の歴史を誇る今宮神社前「一文字屋和助」の炙り餅を初めて食べてみました。白味噌だれがなかなかに美味でした。

9/16 4

kyoto2

おばさんが一本一本丁寧に炙ってくれます。

uijeongbo1

9/6からは韓国へ。今回はソウル郊外に建つuijeongbo arts centerという、立派なホールでトリオのコンサートに出演してきました。写真はホール外観。